アロマテラピーや自然療法を学びませんか。IFA/ISAメディカルアロマセラピスト認定校。神奈川・小田原駅徒歩7分アロマサロン併設スクールFlower's Room 

ISAの資格制度の概要

ISA資格制度は、高度な知識と科学的な説明を要する医療現場や、介護現場、エイジングケア、メディカルエステなどの現場で、アロマセラピーが正しく理解され、応用されることを目指して設計された資格制度です。
ISA資格制度は、現在のところ次の2種類があります。

またIFA認定校ですので、IFACPDポイントが付きます。

SONY DSC

ISA認定メディカルアロマセラピスト (MAT: Medical Aromatherapist)

メディカルアロマセラピー四原則にのっとったセラピストを目指す資格制度です。
法令遵守の非医療行為内の施術で、クライアントのQOLを改善し、結果としての自然治癒に導く高度なアロマセラピストです。
今までのアロマセラピーの資格に物足りなさを感じていた方や、医療関係でのお仕事を目指す方にお奨めの資格です。
アロマセラピーの基礎からはじめると、190時間のボリュームですが、AEAJおよびIFA,IFPAアロマセラピスト資格の方は、159時間が免除されますので、多くの場合は、5日間、31時間程度の学習で、認定試験を受験することができます。
免除時間は各資格により異なりますので、最寄の認定校でご相談ください。

MAT受験資格

①ISA認定校において、190時間の所定のカリキュラムに基づい学習したもの。
②AEAJ, IFA, IFPA などの資格者が、認定校において所定のカリキュラムに不足する差分の学習(最低時間31時間)をしたもの。

※②の場合で、AEAJ、IFA、IFPA以外の団体資格でアロマセラピスト資格をお持ちの方は、差分の学習時間についてご相談ください。
AEAJ,IFA,IFPAは一律30時間以上です。

 

ISA認定メディカルアロママネージャー(MMA: Managaer of Medical Aromatherapy)

看護師や薬剤師を対象にした資格制度です。
医療機関へのアロマセラピー導入のコーディネーターとして、患者様への応用に取り組む際の管理者として活動していただくための資格です。
近年、アロマセラピーへの医療関係者の関心がたかまっていますが、通常のアロマセラピストのトレーニングを受けて、アロマセラピストになっても、実際の職務(看護師、薬剤師)の中で、アロマセラピートリートメントをすることは、時間的にも、体力的にもむずかしいというのが、現状ではないでしょうか?
そこで、トリートメントの手技や施術は、専門のアロマセラピストにゆだねて、そのサービス提供の適合性やリスクなどを管理する立場に回るというのが、現実的であるといえます。
病態的、薬理的な科学的な知識をもって、患者様をアセスメントし、その患者様に対するアロマセラピーの有効可能性や、副作用のリスクなどを管理するわけです。
この資格を取得するには、手技の学習が不要であることと、医療関係の資格者は解剖生理学などの学習が不要であるので、42時間の学習時間と、認定試験の合格により取得できます。

MMA受験資格

MMA対象の国家資格は、業務独占資格に該当する医師、看護師、薬剤師、診療放射線技師、柔道整復師、鍼灸師、あん摩指圧マッサージ師ですが
アロマセラピーとの関連性が高く、実質的に業務独占に近い運用が行われている理学療法士も含みます。(理学療法士は名称独占国家資格です)
今後実情に鑑み適宜変更する事もあります。

 

_MG_9642

お気軽にお問い合わせください TEL 0465-21-5579 受付時間 9:00 - 17:00

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.