アロマテラピーや自然療法を学びませんか。IFA/ISAメディカルアロマセラピスト認定校。神奈川・小田原駅徒歩7分アロマサロン併設スクールFlower's Room 

講座詳細

 

5月開校コース日程

10:00~17:00(お昼休憩1時間15分)
※授業時間は前後する場合がございます
定員8名(残席5名)

第一回 5月30日(土)
第二回 6月28日(日)
第三回 7月25日(土)
第四回 8月9日(日)
第五回 10月3日(土)
 平日クラスは希望者あった時点で募集をする予定です。

 

受講料/受講資格

全5回12万円(税抜 テキスト代、試験料込)
※1期生に限りFlower’sRoomIFA履修中の方は2万円引き(2期以降は卒業生は1万円引き)

受講資格
IFA、IFPA、AEAJアロマセラピスト、ナードなどのアロマセラピスト資格をお持ちの方
(更新期限が切れていても問題ございません。またその他の民間資格をお持ちの方は、ご相談ください)

昔AEAJを取得したけれど、知識に不安がある。という方にもお勧めです。
IFAの試験対策にもなると思います。一緒に研究していきませんか?

 

IFA認定校校長 佐藤ユミ子が伝授するアロマセラピー内容

◆メディカルアロマセラピー総論 「医療と非医療のはざまで」

◆医療と非医療の間でどんなケアが可能か?

◆西洋医学への社会的期待と自然療法の哲学の違い。治療と養生のコンセプトとは?

◆植物薬理学総論 「精油はいかにして身体に作用するのか?」

◆中医学を起源とする東洋生薬学の歴史とマルグリットモーリーによるアロマテラピーの発明
当校のIFAではマルグリットモーリーの愛弟子ミシュリーヌアルシェのトリートメントをお伝えしておりますがマルグリットモーリーの考え方を今一度シェアしてみようと思っています。

◆漢方を学ぶ(人を見る)
陰陽虚実、五臓六腑、表と裏など漢方独特の考え方を学んでいきます。

◆植物生薬は何故、薬効があるのか?進化の歴史から見た生理活性物質(用語解説)

◆アロマの身体への吸収経路、代謝経路、薬理作用の一般的メカニズム(代謝地図)

◆有効成分の色々(配糖体、アルカロイド、フラボノイドなどの生化学物質について)

◆植物薬理学各論 「様々な精油の成分と作用、成分グループの電気的な特性」

◆精油の分子構造と電気的特性(極性)、溶解度等の物性について

◆精油成分グループごとの作用の特徴や危険性、精油のアレルゲン化、病別禁忌について

◆アーユルヴェーダについて

◆病理学 「病気の起こりと成り立ち。アロマテラピーの臨床ケーススタディ」

◆疾病を自然療法とアロマテラピーの視点から考察する

◆不安定な心身の状態にあるクライアントに対する施術の実施(座位でのフェイシャル)

◆スピリチュアルケア

Flower’sRoomとしてハーブティとの関係性なども一緒に考察していく予定です。

お気軽にお問い合わせください TEL 0465-21-5579 受付時間 9:00 - 17:00

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.